配送料改定のお知らせ
利休倶楽部 ー会員ページ-
ログイン
パスワードをお忘れの方

商品カテゴリ
日本茶
煎茶
玄米茶
ほうじ茶
かりがね
玉露
抹茶・グリーンティ
その他(粉茶・番茶等)
中国茶
紅茶
ハーブティー・健康茶
麦茶
ノンカフェイン
御菓子
茶器
手軽に楽しむお茶
ティーバッグ
粉抹茶・インスタント

こだわりのお茶・贈り物

つぼ市製茶の広報室
無料カタログもご用意しております。下記リンクのフォームより、お気軽にご請求下さい。資料請求はこちら
利休倶楽部(つぼ市製茶本舗)へのご注文・お問い合わせは 0120-61-7181(平日 9:00〜18:00)お問い合わせはこちら法人のお客様はこちら
営業日カレンダー
2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
休み
休み
 





「日本茶」




「中国茶」




「紅茶」





「器」

「おもてなしの心」

「お中元、お歳暮」

「湯冷まし」

「つぼ市」







》 お中元  》  お歳暮  》  送るもの





― お中元 ―


“中元”とは、暦上の区切りを表すもので、中国の旧暦で7月15日を指します。
半年間、無事に過ごせたことを喜び、祖先の霊を供養する日となっています。それが日本に伝わり、祖先の霊を供養することが、両親に食べ物を送る儀礼に変わり、次第に目上の人やお世話になった人に贈り物をする習慣に変わっていったと言われています。


この中元の頃に行われる贈答のしきたりがいわゆる「お中元」なのですが、単なる品物のやりとりではなく、送る相手や品物選びに心を込めたいものですよね。
お中元を贈る時期ですが、関東では7月、関西では8月と、土地によって違いがあります。
「暑中見舞」として送れば、あまり時期を気にすることはありませんが、8月15日のお盆過ぎには、「残暑見舞」としておきましょう。


― お歳暮 ―


お歳暮は、お中元に対して、年末に行われる贈答の行事とされていますが、もともとは、新しい年を迎えるにあたり、神様に供えるための品物を持ち寄ったものだったと言われています。1年間の締めくくりとして、また、次年度へ向けてのご挨拶として、最近はお中元よりもお歳暮を贈る方が多いように思います。
時期としては、12月初旬〜13日頃。遅くとも20日までにはすませるようにしましょう。20日を過ぎると、新年の準備などで慌しい時期になってしまうので気を付けてください。一般的には食料品や日常的なものが主流とされています。



― 送るもの ―


相手の事を考えれば考えるほど、実際何を送ればよいか悩んでしまいますよね。
選ぶポイントとしては、
1.家族構成
2.年齢層
3.住んでおられる地域
4.相手の好み、ご趣味

などがあげられると思います。
その中で、無理なく続けられる予算を決め、商品を選びましょう。少し前は、賞味期限の短いものや生もの、フルーツ、魚介類などはタブーと言われていますが、送る相手の方がお好きだと分かっていればかまいませんし、最近はクール便や産地直送が増え、かえって新鮮なものをお届けするのが人気になっています。
つぼ市の商品では、お茶は昔から根強い人気で、贈答用の高級煎茶がよく出ます。弊社は本店工場より直送しておりますので、メンバー様には、大切な方への贈り物に役立てていただいております。利休倶楽部の新規メンバー様も、「いただいたお茶が気に入って…」という方がとっても多いんですよ。
また、スイーツ部門では「抹茶あんみつ」や「利休抹茶あいすくりーむ」がご贈答用に大人気。「老舗のお茶屋がこだわって作った抹茶スイーツ」は、先方様がお抹茶好きなら、いただいて嬉しいこと間違いなしですよね。